肌荒れが起こる原因と改善方法アイデア

肌荒れが起こってしまうと、慌ててスキンケアを行う人も多いでしょう。

しかし、肌荒れの原因が毎日の生活にある場合、どんなにスキンケアでお手入れを行っても、思うような効果は得られないものです。

より効果的にお肌のお手入れを行うためには、肌荒れの原因を正しく理解することが大切です。

では、どのような生活習慣が肌荒れを引き起こしてしまうのでしょうか。

そして、それを改善するためにはどのようにすればよいのでしょうか。

肌荒れが起きてしまう原因

1.アンバランスな食生活

肌荒れが起こっていてなかなか治らないというとき、食生活に原因があることが多いです。

私たちの身体は食べたものでできていますので、当然肌も食事の影響を受けます。

甘いものや塩辛いものが好きな人は特に注意が必要です。

なぜなら塩分の摂り過ぎは、体の中でナトリウムが増え水分不足になってしまうためです。

その結果、お肌の水分量も減少し、お肌がカサついたりします。

糖分の摂り過ぎもお肌にはよくありません。

スイーツやジュースなどの甘いものを摂るとと、その分解の際にビタミンを多く必要とします。

ビタミンは、お肌や粘膜の調子を整えるために大切な栄養素です。

これが大量に消費されてしまうため、その影響でお肌にトラブルが起こってしまうのです。

お肌にとってビタミンやミネラルが重要な役割を持っていることはよく知られるようになりました。

しかし、美肌のためにはそれ以外に、たんぱく質も必要です。

特に女性の場合、ダイエットなどで肉類を避ける人もいます。

しかし、たんぱく質はお肌の原料になりますので、これが不足すると肌荒れの原因になります。

美肌作りのためには、良質なたんぱく質を適量摂取することも大切なのです。

2.睡眠不足

私たちのお肌は、毎日新しい肌細胞を生成しています。

このお肌の生まれ変わりは、夜寝ている間に行われます。

ですので、睡眠時間が不足するとお肌の修復がうまく行われず、肌荒れがいつまでたっても治らない状態になってしまうのです。

また、睡眠時間だけでなく質の良い睡眠をとることも大切です。

肌サイクルには成長ホルモンというホルモンが関わっていますので、このホルモンがしっかり分泌されるよう、睡眠の質を上げることも大事です。

3.腸内環境

腸内環境が肌に関係しているというと、意外に感じる人がいるかもしれません。

私たちの腸には善玉菌と悪玉菌が住んでいて、バランスをとっています。

しかし、何らかの理由で善玉菌が弱り悪玉菌が繁殖してしまうことがあります。

悪玉菌が腸に増えると便秘や下痢などのトラブルを起こしてしまいます。

このとき、腸の中では便が腐敗し、悪臭や悪性の物質が生成されてしまうのです。

この体にとって良くない物質は、腸壁から血液中に吸収され、全身へと届けられます。

このため、皮膚にもその悪性物質が運ばれ、乾燥肌やニキビ、肌荒れを起こしてしまうのです。

肌荒れ改善の方法

1.食生活の見直し

お肌に必要な栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

たんぱく質、ビタミンA、B2、B6、C、E、亜鉛、鉄分、カルシウムなどをまんべんなく摂るようにします。

2.睡眠の質を向上

美肌のために、睡眠時間は最低でも6時間は確保したいものです。

また、時間だけでなく睡眠の質もよくしておくことが必要です。

規則正しい生活を送り、夜は早めにベッドにはいるようにしましょう。

就寝前にゆっくりと入浴してリラックスするようにしたりするのもおすすめです。

また、就寝前3時間はできるだけものを食べないようにし、アルコールの過剰摂取も避けるようにします。

3.腸内環境を整える

腸内環境を整えることも、美容のためにはかかせません。

普段から腸の善玉菌を増やすような食品を積極的に摂ることをおすすめします。

腸を元気にする食べ物としては、ヨーグルトなどの乳製品や納豆、味噌などの発酵食品が挙げられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする