今から始めたい生活習慣病予防!その原因と対策とは?

生活習慣が原因で起こるという生活習慣病は、糖尿病や高血圧症、脂質異常症といった致命的な病気となることもあります。

生活習慣病の不安を感じ始めたら、できるだけ早く毎日の生活を見直したいものですね。

しかし、生活習慣を見直すといっても、いったい何から始めればいいのか悩んでしまう人もいるかもしれません。

まず、生活習慣病の原因について正しく理解することが、生活習慣病の予防につながります。

具体的にはどのようなことに気をつければよいのか、原因と予防についてくわしく説明します。

生活習慣病を引き起こす原因

1.野菜不足

生活習慣病予防を考えるときに、まず見つめ直さなくてはいけないのが食事と食習慣でしょう。

外食やファーストフード、ジャンクフードなどを好んで食べる人は、栄養が偏ってしまいます。

コンビニ弁当やお惣菜、インスタント食品をよく食べる人も要注意です。

このような食生活を送っている人は、往々にして野菜不足になっています。

野菜が不足するとビタミン、ミネラル、食物繊維の不足につながります。

ビタミンとミネラルは身体の調子を整えてくれるもので、新陳代謝や免疫力にもかかわってきます。

また、食物繊維は腸の働きにも深く関係があり、それが不足すると、消化機能や排せつ機能に

影響を及ぼしてしまいます。

このような栄養素が不足することで、抵抗力が落ち病気にかかりやすくなったり、疲れやすくなったりします。

2.塩分・糖分の摂り過ぎ

外食が多い人や味付けの濃いものを好む人は、塩分・糖分を摂り過ぎている可能性があります。

高血圧症の原因の一つに塩分の過剰摂取があることは、聞いたことがあるのではないでしょうか。

糖分や脂質の摂り過ぎは糖尿病や脂質異常症を招くこともあります。

スイーツやスナック菓子などを好む人は気をつける必要があります。

3.喫煙や過度の飲酒

喫煙は心臓や血管に大きな負担をかけることになります。

生活習慣病の不安があるなら、できれば禁煙することをおすすめします。

飲酒は適量であればリラックス効果も得られるものですが、度を越えたアルコール摂取は健康によくありません。

アルコールの過剰摂取は肝臓に負担をかけ、脳梗塞などの危険も高くなります。

4.不規則な生活

食事だけでなく食生活も大切です。

朝食を抜いたり、夜遅く食事をすることは、胃腸に負担をかけてしまいます。

また、食事以外でも不規則な生活を続けることが、生活習慣病の原因になることがあります。

睡眠不足が続けば、だれでも疲れがたまり免疫力も低下してしまいます。

毎日できるだけ決まった時間に起床就寝するクセをつけ、決まった時間に食事を摂るようにします。

5.ストレスのためすぎ

ストレスをまったく感じないで生活することは難しいかもしれません。

しかし、過剰なストレスは自律神経のバランスを崩し、血行不良などの不調を起こしてしまいます。

このため、高血圧になりやすくなってしまいます。

また、ストレスを感じると、飲酒や喫煙の頻度が増えたり、暴飲暴食に走る人もいます。

このように、ストレスは直接的にも間接的にも、生活習慣病を引きおこす原因になってしまいます。

6.運動不足

運動不足の人は、体内の筋肉量が減少し体温が下がってしまいます。

そのため、血行が悪くなるほか、代謝機能が衰えることで肥満に陥りやすくなります。

体温低下は免疫力の低下にもつながりますので、病気がちな体質になってしまいます。

また、腸内環境も悪くなり、内臓機能の低下につながります。

生活習慣病を予防する方法

1.バランスの良い食事

まずは食生活から改善しましょう。

生活習慣病を予防するには、栄養不足を解消することが大切です。

普段から野菜不足の人は、ビタミンやミネラル、食物繊維を意識して摂取するようにします。

忙しい人には、青汁やサプリメントを活用するのもおすすめです。

食事は決まった時間に、適量を摂るようにします。

甘いものや塩分の高いものはなるべく避けるようにしましょう。

ジュースなどの飲料も同様に避ける方が望ましいです。

2.運動をする

普段ほとんど運動をしていないという人は、これを機会に軽い運動から始めてみましょう。

ウォーキングやジョギング、踏み台昇降運動など出もかまいません。

通勤や外出の時に、いつもより少し多めに歩くように意識してみてください。

また、軽い運動をすることで、ストレス解消にもつながりますし、運動をした日は、睡眠の質も上がるはずです。

3.規則正しい生活

朝決まった時間に起きて、夜は早めに寝るようにします。

生活のリズムを整えることで、自律神経バランスが正常に近づきます。

自分なりの方法でストレス解消することも大切です。

好きな音楽を聴いたり、アロマを利用するなどして、一日の内でリラックスできる時間を作るとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする