今すぐ治したい!乾燥肌の原因と効果的な治し方

乾燥肌に悩む人は多いですが、その原因は人それぞれです。

スキンケアをきちんと行っているのに乾燥肌が改善されないという人は、今一度原因を確認してみましょう。

乾燥肌になる原因と、効果的な治し方について説明しています。

乾燥肌になる原因

乾燥肌は体質だと思っている人もいますが、そうとは限りません。

乾燥肌に悩む人の中には、乾燥肌を引き起こす生活を送っている人が多いのです。

1.乾燥肌を引き超す食生活

私たちの身体は、肌を含めて、私たちが口から摂取する食べ物でできています。

ですので、乾燥肌の人は、乾燥肌になりやすい食事をしている可能性があります。

特に、お肌の新陳代謝が正常に行われていないと、肌を覆っている皮脂膜のバランスが崩れてしまいます。

その結果、お肌が乾燥してしまうことがあるのです。

具体的に乾燥肌になりやすい食事として、ファーストフードやスナック菓子などのジャンクフードの他に、コーヒーやアイスクリームなどが挙げられます。

これらに代表される食品は、塩分が高い、体温を下げるなどの特徴があり、お肌の乾燥を悪化させることにつながります。

普段こういった食品を好んで食べるという人は、少し気をつけてみましょう。

2.カン違いスキンケア

お肌が乾燥するために、せっせとスキンケアに励む人は多いですが、残念ながらその中には間違ったスキンケアを行っている人も多いようです。

乾燥肌の人の中には、お肌の表面のカサツキをなんとかしようとして、肌をゴシゴシこすったりすることがあります。

また、表面の角質が気になるため、一日に何度も洗顔してしまうという人もいます。

ですが、このようなスキンケア方法はかえってお肌に負担をかけることになり、乾燥肌を悪化させてしまうことになります。

過度の洗顔はお肌に必要な皮脂を奪い取ってしまうので、お肌がますます乾燥してしまいます。

さらに肌の保護機能が低下することにより、最悪の場合、ニキビや色素沈着を引き起こすこともあるのです。

このような間違ったスキンケアは、今すぐストップしましょう。

3.外的環境による乾燥

空気が乾燥している季節はどうしてもその影響で乾燥肌になりやすくなります。

しかし、夏でもエアコンの効いた部屋に長時間いることが多い人は乾燥肌が悪化してしまうことがあります。

エアコンによる空気の乾燥で、お肌の水分が奪われてしまうからです。

夏の外出では、汗をかくことが多いので、こまめに洗顔を繰り返したり、脂取り紙で皮脂をとることも多いでしょう。

しかし、これも乾燥肌にはよくありません。

脂取り紙を使いすぎると、お肌に必要な皮脂を奪い取ってしまい、ますます乾燥肌を加速させてしまうからです。

乾燥肌の治し方おすすめ

1.スキンケアの見直し

乾燥肌をできるだけ早く治したいなら、まずはスキンケアを見直してみてください。

乾燥肌の人が特に気をつけたいことは、次のようなことです。

・肌をゴシゴシこすらない
・洗顔しすぎない(頻度)
・肌にやさしい洗顔料を使う
・洗顔はぬるま湯で行う
・洗顔後タオルで肌をこすらない
・帰宅したら必ずメイクを落とす

乾燥肌にまず大切なのは、お肌に負担を与えすぎないことです。

ですので、肌をこすったり摩擦したり、洗浄力の強い洗顔剤などの使用は、極力控えるようにしてください。

2.食事の見直し

美しい肌にはバランスのよい食事が欠かせません。

お肌の乾燥を予防するために、お肌のターンオーバーを正常化するものや、血行促進するものを積極的に摂取しましょう。

おすすめなのは、ビタミンA、B、C、Eやセラミド、αーリレノン酸といった栄養素を含む食品です。

代表的な食べ物に、レモン、豚肉、ごま、コンニャク、たらこ、レバーなどがあります。

比較的身近な食品ばかりですので、毎日の食卓に意識して取り入れるようにしたいですね。

3.こまめに水分補給する

特にエアコンの効いた部屋に長時間いることが多い人は、こまめに水分補給を行ってください。

水分補給はお茶やコーヒーなどではなく、ミネラルウォーターがおすすめです。

また、汗や油分が気になるときでも脂取り紙の使用はできるだけ我慢するようにします。

ハンカチなどでそっとおさえるようにすると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする